フィリピン視察ツアー

日本人のエンジニア人財の採用・確保がますます困難になっています。

NCネットワークは、2018年4月に八戸学院大学と、日本製造業が抱える高度人財の「採用(フィリピンの優秀な学生の採用支援)」と「育成(日本企業のグローバル化に向けたフィリピンへの語学研修支援)」について提携し、日本製造業の人財不足を解決すべく、フィリピン視察を開催いたします。

本視察の目的は2つ!

  • 1企業の高度人材の採用に向け、世界へ羽ばたく国際視野を持つフィリピン人の子供を育てる現地校「八戸学院カーテル高等学校(日本教育型フィリピン人中高一貫校)」・IT大学及び教育施設の見学と高度人材選抜の流れ・日本の文化や日本語トレーニングの仕組みについてご紹介します。
  • 2日本人の語学力向上に向け、語学研修先「CNE1」の施設と研修の仕組みについてご紹介します。

なぜフィリピンなのか?

    東南アジア諸国の中で、日本贔屓の親和性があるのは、タイ、ベトナム、フィリピン、インドネシアといえます。その中でフィリピン人の優位性は、英語が堪能であり、明るく素直で従順な国民性であることが挙げられます。
    20年後、日本の人口が1億人を切り、少子高齢化の中で、製造業の働き手が少なくなることは周知の事実です。英語力に優れ親日であるフィリピン人エンジニアがキーマンとなりグローバル市場で活躍する日本企業を盛り上げてくれると私たちは考えます。

    製造業の市場が世界に広がっている状況下で、日本製造業の弱点はまさに「英語力の低さ」です。ビジネス英語能力の国別ランキングでは、フィリピンが断トツ1位!日本は最下位レベルに位置します。
    日本人が創業し、日本人の職員が4名常駐する「CNE1」のプログラムであれば、英語アレルギーの方でも楽しく克服することが可能です。

視察概要

視察日程 申込書に記載の【日程と視察パターン】をご確認ください
視察費用 120,000円(下記内容を含みます)
  • 宿泊費(クラーク市内3泊/1名1室)
  • 視察日の専用車両
  • 空港-ホテル間送迎
  • 視察費用
  • 一部食費
利用フライト 日本⇔フィリピン間の下記航空券はお客様ご自身でお手配ください。
視察パターンによって利用フライトが異なりますので必ずご確認ください。

視察パターン:A セブパシフィック航空

【往路】 5J5069便:成田/13:15pm → クラーク/17:00pm (直行便)
【復路】 5J5068便:クラーク/7:00am → 成田/12:30pm (直行便)

視察パターン:B ジェットスター航空

【往路】 3K778便:関空/12:40pm → クラーク/16:05pm (直行便)
【復路】 3K777便:クラーク/7:00am → 関空/11:40pm (直行便)

視察内容
  • フィリピン人採用セミナー
  • 日本人向け英語研修/フィリピン留学セミナー
  • CNE1視察(英語語学研修施設/日本語トレーニングセンター)
  • 現地ローカルマーケット
※現地状況や視察パターンにより変更になる場合がございます。
その他 日本人スタッフが現地で同行いたします。

お問い合わせ

 

新規会員登録