工場検索 NO.1 モノづくり受発注サイト



テトロンシートの効果

大量生産技術 > その他
製品の機密検査で、装置のシール治具にガスケットが貼りつき、それが装置内に落下した。
作業者が気付かず、ガスケット欠品不具合品が得意先に流出した。
生産チームの対策として、シール治具にテトロンシートを貼るというのですが、いったいどんな効果があるのか。また、どんなデメリットが考えられますでしょうか。
参考:ガスケット材質H-NBR 硬度70Hs
品管Gさん 2005-06-08 12:07

>> 元記事を見る

この質問への回答は締め切られました

回答(4) [アドバイス] [関係者] [自信あり]

リークテスターで差圧を見ているのですね、
テトロンシートの現物を見て見ないと判らないのですが
接着面との隙間から、圧力が逃げると、誤判定してしまいますよ
リークテスターは敏感すぎるため

不具合内容からすると
ガスケットと、ニトリルゴムとが密着してしまい、測定後、ニトリルゴムが離れたとき

本来なら、ガスケットの重みでニトリルゴムとの間に空気が入り、はがれるのですが

今回の不具合は密着しすぎて、空気が入らず、くっ付いたと思われます
http://www.kaiteki-bath.com/kb-sb-003.htm←コンナ現象


次工程に目視チェックが入れれないのなら


ニトリルゴムの厚さをUPして、「くっ付かないしゃもじ」のようにワークとの接着面にシボ加工をするとくっ付かなくなると思います

ワークから離れるとき、シボの部分から空気が入るため

はははさん 2005-06-08 23:46

回答(3) [関係者] [自信あり]

テトロンではく、テフロンという可能性はありませんか?

hibikiさん 2005-06-08 17:55

回答(2) [自信あり]

ご回答ありがとうございます。
リークテスターは、2つの製品をセットし負圧をかけて、両者のバランスのずれを見るものです。
以前は、気密検査後に最終確認があったので、流出は避けられていました。
テトロンシート(ポリエステル繊維)をステンレスに貼れば、H-NBR(水素化ニトリルゴム)との圧力による吸着度合いが弱まるのでしょうか。
また、デメリットは。

品管Gさん 2005-06-08 13:12

回答(1) [アドバイス] [関係者] [自信あり]

気密検査は、ライン内ですか?
水没有り?

もし、製品がぬれていた(油がついていた)ら、
テトロンシートを貼っても、また。張り付く可能性はあると思います


気密検査となれば、工程の終わりのころになると思うので、工程を

気密検査 → エアーブロー → 外観検査(目視) にすれば、
完璧だと思います

はははさん 2005-06-08 12:49

この記事は役に立ちましたか?

カテゴリ
検索語

携帯からもご覧いただけます!

ログインすると技術の森に質問を投稿できます!

メールアドレス
パスワード

新規会員登録

【PR】今月のオススメ情報

営業所・拠点のご案内

NCネットワーク

TEL:03-5822-1482

お問い合わせ

NCネットワーク 大阪営業所

TEL:06-6773-0172

お問い合わせ

NCネットワーク 名古屋営業所

TEL:052-355-8493

お問い合わせ

NCネットワーク 仙台営業所

TEL:022-739-7517

お問い合わせ

NCネットワーク 新潟営業所

TEL:0256-61-2788

お問い合わせ

NCネットワーク 北陸営業所

TEL:0766-50-9145

お問い合わせ

NCネットワーク ベトナム

TEL:+84-4-3719-2826

お問い合わせ

NCネットワーク アメリカ

TEL: +1-310-755-2516

お問い合わせ

NCネットワーク タイランド

TEL: +66-2612-7324

お問い合わせ