工場検索 NO.1 モノづくり受発注サイト



スターデルタの電磁開閉器 容量

設計 > 電気設計
モーターのスターデルタ結線に、2接触方式と3接触方式があるようなのですが、2接触方式はメインのマグネットがないみたいです。
3接触方式は、メインとスターをON、タイマー後メインとスターをOFF
そしてメインとデルタONという順番ですか。
私が見ている装置の図面では、3接触方式のハード回路でマグネットのONタイミングが、メインがONしっぱなしで、スターとデルタだけが切り換わっています。
2接触方式と3接触方式では、スター時のマグネット容量が違うようなので、こういった使い方は、もったいないでしょうか?
文章が分かりずらいかもしれません。いろいろ調べていますが、いまいちはっきりしません。
2010-05-29 10:15

>> 元記事を見る

[ この質問に回答する(ログインが必要です) ]

回答(2) [アドバイス] [関係者] [自信あり]

2コンはもとのブレーカを切らない限り通電していますので危険です。
またモータへも常時通電していますので、モータにも良くない。

と電気保安協会に指摘されていますし、そのとおりだと思います。

一時2コンによる感電及び漏電事故が多かったときには、スターデルタ起動のモータ端子台のリストアップ及び写真撮影までさせられました。
モータのケーブル差し込み口周りの保護具合の確認の意味があったそうです。
何もしていないところはゴムを巻かされて接触振動によるケーブル保護もさせられました。
今新設するなら3コンでしょう。

コンタクタサイズは直入れに比べて小さいというだけのような気がします。
確かにコンタクタ1ケ分のコスト及び盤内スペースは必要ですが。

2010-05-29 16:47

●質問者からのお礼

ありがとうがざいます
2010-06-03 15:54


回答(1) [答え] [専門家] [自信あり]

一般的な3接触方式スターデルタ回路
http://www.hitachi-ies.co.jp/products/hdn/mgsw/image/s210904e.gif
>3接触方式は、メインとスターをON、タイマー後メインとスターをOFF
>そしてメインとデルタONという順番ですか。
その通りです

メインがONのままでスター/デルタを切り替えると接点寿命が短くなるらしいが
スターデルタで10万回以上の起動回数を保証させる機械も珍しいと思う

1時間に1回の始動頻度(24回/1日)として
24回x365日x10年=87600回

0.75kw以下の小型モータなら60回/時を超えるのも珍しくないが
7.5kw以上の大型で10回/1日を超えるのは珍しい

メインがONのままの回路でお迎えが早く来た実例に出会った事は無い



>2接触方式と3接触方式では、スター時のマグネット容量が違うようなので、
http://www.fujielectric.co.jp/fcs/jpn/edc/catalog2/AH210w/AH210w_340-352.pdf
富士電機製スターデルタ始動器には明らかな差異は見られない
(全てを比較確認した訳ではないが)


何故、絶滅危惧種の2接触方式を気にする人は絶えないのであろうか?
多くの会社では使用禁止なのに
おまけにそれほどコストダウンにならないし
(僅かの金額をケチって、大きな危険を買う)
http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&tid=236000&event=QE0004

lumiheartさん 2010-05-29 13:52

●質問者からのお礼

ありがとうございます
2010-06-03 15:55


この記事は役に立ちましたか?

カテゴリ
検索語

携帯からもご覧いただけます!

ログインすると技術の森に質問を投稿できます!

メールアドレス
パスワード

新規会員登録

【PR】今月のオススメ情報

営業所・拠点のご案内

NCネットワーク

TEL:03-5822-1482

お問い合わせ

NCネットワーク 大阪営業所

TEL:06-6773-0172

お問い合わせ

NCネットワーク 名古屋営業所

TEL:052-355-8493

お問い合わせ

NCネットワーク 仙台営業所

TEL:022-739-7517

お問い合わせ

NCネットワーク 新潟営業所

TEL:0256-61-2788

お問い合わせ

NCネットワーク ベトナム

TEL:+84-4-3719-2826

お問い合わせ

NCネットワーク アメリカ

TEL: +1-310-755-2516

お問い合わせ

NCネットワーク タイランド

TEL: +66-2612-7324

お問い合わせ