新開発技術

キーワード :   

※スペースで区切ると、複数のキーワードによる検索ができます。

導入メリット

技術区分

31-40件表示 / 378

ランニングコスト削減   品質向上   省エネルギー化  

水道水を駆動媒体とした「水圧シリンダ」は、油圧も油漏れ、空圧のパワー不足などの弱点を補い、新水圧技術という手段で、既存の駆動方法では対応の難しかった分野ふぇの活用を目指して、開発を行っています。...

高機能化   品質向上   耐熱性向上   めっき  

弊社の離型性クロムめっき「テフ・ロック」はロール等のフィルム成形機械用部品、ヒートシーラー・ガイド等の包装機械部品、金型・ダイス等の樹脂成形用部品などに多数の採用実績があります。 ただ従来の「...

コストダウン   工程短縮 / 工数削減   納期短縮   金型   切削加工  

現状、 加工 → 測定・検査 → 測定・検査を踏まえた 調整・再加工 を必要公差にたどり着くまで実施する必要があり、これらの工程は職人の検査 技術・調整能力に依存しており多くの工数を要する。

コストダウン   工法転換   軽量化   薄肉化   省エネルギー化  

遠藤製作所が開発した「高熱伝導メタルスリーブ」は、独自の加工技術に基づき、様々な材料を組み合わせることで、従来のシームレスパパイプを遥かに上回る熱伝導性を実現、多様な用途に対応することが可能にな...

コストダウン   イニシャルコスト削減   切削加工  

低価格圧縮機 チップコンバケットに直結

コストダウン   工程短縮 / 工数削減   品質向上  

CNCタレット旋盤でバー材の精密加工をする際、 送り出した「バー材」とストッパ面との間に「切粉」が挟まると、 バー材の「L寸不良」が発生します。 加工後、不良品を手作業の全数検査で選別...

工法転換   部品一体化   軽量化   薄肉化   部材の結合  

部品の機能を満たしながら小型化、軽量化を従来品価格以下で実現する

工法転換   部品一体化   軽量化   薄肉化   部材の結合  

部品の機能を満たしながら小型化、軽量化を従来品価格以下で実現する

コストダウン   工程短縮 / 工数削減  

30〜40万円と高額な「エアマイクロメーター」による、加工後ベアリングの内径検査は、コストがかかり、問題となっていました。

工程短縮 / 工数削減   品質向上  

加工ワークの内径を「ピンゲージ」を使って全数検査する際、抜き差しに時間がかかります。 また、手作業による検査は、作業者によって検査結果にバラつきが出て、 不良品の原因にもなっていました。

31-40件表示 / 378

新規会員登録