第77回 株式会社 本間製作所

株式会社 本間製作所 取締役総務部長 本間聖敏氏 取締役副社長 本間聖敏氏

株式会社 本間製作所

所在地

埼玉県熊谷市三ヶ尻5361番 (熊谷工場)

TEL

048-532-6551(代表)

FAX

048-533-1608

担当者

神戸営業所 本間義浩

事業内容

精密金型設計製作・精密治具設計製作・精密部品加工

常に求められる・必要とされる価値のある企業づくり

お客様が抱えている課題解決に向けて、どこよりも早く誰よりも確実な製品をお客様に提案し、その評価は、お客様から即発注を幾度と受けていることに勝るものはない。

創業から変わらない「お客様に喜んでいただけるものづくり」の姿勢

photo1

埼玉県熊谷市に工場を構える株式会社本間製作所は、超精密加工技術を保持する金型・治具・高機能部品の加工メーカーである。同社の強みは、徹底した精度・品質へのこだわり。それを裏付ける検査体制の構築とハイエンドな検査装置の導入を行い、確かな技術と製品により、お客様からの信頼を確固たるものに築き上げてきた。

事業の柱のひとつであるマグネット金型部門では、著しく変わる時代のニーズにあわせ、高精度・高機能化・長寿命化を追及し、自動車業界では電気自動車のモーターや電装部品、また、家電業界では、HDDスピンドルモータセンサやCD-ROMピックアップ等に同社の技術が貢献している。2つめの柱である精密治工具部門では、HDDドライブを組み上げるためのボンディング治具、いわば、装置の心臓部とも言える装置製造のためのHDD部品製造治具を設計からアッセンブリまで行い、長きに渡り実績を積み上げてきた。

3つめの柱である、食品及び、医療用の充填シート容器打ち抜き金型の製造においては、いかに打ち抜き後の破断面のクリアランスを実現できるか、これまでの金型製造において積み上げてきた実績とノウハウを設計段階からお客様に提案し、数々の充填シート容器の打ち抜き金型を手がけてきた。

創業から70年。これまで数々の苦難を乗り越えてきたが、今も昔も変わらないことは、「お客様に喜んでいただけるものづくり」の姿勢だ。お客様が抱えている課題解決に向けて、どこよりも早く誰よりも確実な製品をお客様に提案し、その評価は、お客様から即発注を幾度と受けている現実に勝るものはない。

現場の改善から生まれたオリジナル製品「ホンマ マルチ チャック」

photo2

2009年6月、製造業のみならず全ての産業に多大な影響を及ぼしたリーマン・ショックの波が同社にも降りかかって来た。売上激減を目の当たりにした役員そして社員が、改めてメーカーとしての存在価値について自らを問うきっかけとなる。創業時から今日まで、お客様に喜ばれる製品を作ることに全力を注ぎ、ものづくりを行ってきた同社が次に考えたのは、本間製作所がこれまで培ってきた技術と経験を活かし、「この不況下だからこそ現場の手助けになるものは何か?」ということだった。 それは、自分たちの現場が必要とするもの=(イコール)現場の課題を改善することに繋がった。

現場では常に、加工時間・段取り時間の短縮を求められ、より効率的なものづくりがテーマとなっている。また、多工程に渡るほど、ワークを取り付ける段取りや位置決めに時間を要し高精度を要する加工であるほど、精度の再現性が困難と言える。同社では、これらの無駄と手間を省きながら簡単に高精度なものづくりを実現できる治具「ホンマ マルチ チャック」の開発に成功した。

団塊世代が定年を迎えたと同時に、技術の伝承が困難な現場が後をたたない。しかし、より他社との差別化を図るために、現場では要求の高い案件を正確にこなしていかなければならないのが現状。複雑化する現場への要求の多くを満たす治具を開発できたのも、同社が常にお客様からの難題に立ち向かい真剣に取り組み、解決してきたから。繰り返し位置決め精度2μmを再現するこだわりは、同社がこれまで培ってきたものづくりへの真摯な姿勢がうかがえる。

常に求められる・必要とされる価値のある企業づくり

photo3

マグネット金型の製造を柱として、本間製作所は長年に渡り信頼を勝ち取ってきた。その実績の積み重ねで実現できた、「ホンマ マルチ チャック」は高精度・高効率を求めるものづくりの現場に認知されはじめ、新たな展開が始まろうとしている。しかし同社は、現状に満足をしていない。
時代が変わり、ニーズが著しく変化する昨今において、確固たる企業の基盤を作ることは困難であることは間違いないが、常に求められる・必要とされる価値のある企業づくりを行うため、自社の存在意義を常に問う。その視点はもちろん世界レベルでだ。経済発展し続けるアジア地域を皮切りに、同社の保持する技術力が、今後世界のものづくりの現場に必要とされる未来に向けて、これからも前進し続ける。

株式会社 本間製作所

工場情報はこちら

新規会員登録

【PR】今月のオススメ情報