第98回 株式会社 松本製作所

株式会社 松本製作所代表取締役社長 松本庸平 氏

株式会社 松本製作所

所在地

大阪府摂津市東別府5-1-40

TEL

06-4862-8883

FAX

06-4862-8884

担当者

土田 隆司

事業内容

・液晶関連部品
・電子機器部品
・ヘルスケア関連部品

繰り返すことで育つ、“開発型”企業の戦略

開発型フィルム加工メーカーとして


株式会社松本製作所はまもなく創業60年を迎えるフィルム加工メーカーである。しかし創業当初は、弱電部品の樹脂機械加工品(絶縁板等)を製作していた。1975年に現在のフィルム加工事業へ転換することになるが、その礎石となったのは、金型・治具・機械装置などあらゆるモノを内製していたことにある。これら自社内での一貫した対応により、試験、修正、検証を繰り返すことで、最短納期での改善・提案を可能にしている。

同社の強みは『開発型』であることだ。自社開発だけでなく、お客様との共同開発を数多く行っており、お客様のご要望にお応えすることで新しい技術開発にも繋がっている。ここ数年での最たる例は、『定量滴下装置』の開発だ。最初はお客様からの、不織布テープをパッチ状に打ち抜いた場所にピンポイントでアロマオイルを滴下して欲しい、という依頼があった。着手から半年。検証テストを何度も繰り返し、うまくいかない原因を追究していくことで、やっと定量の液体を定位置に自動連続で滴下できる装置の開発に成功した。現在ではその技術により、試薬分野などへの展開にも繋がっている。

30代新社長就任からの未来

2015年、庸平氏が社長に就任した。1982年生まれの庸平氏は現在30代半ば。「お客様とともに成長してきた歴史と技術を受け継ぐとともに、今まで以上にスタッフ全員でモノづくりに必要な“前向き思考”を養いたい」と意気込む。社員一人一人が小さな改善を積み重ねる環境をつくることが、企業の成長に繋がると考えるからだ。開発と同じく、何度も繰り返し積み重ねることが、技術を高め、会社を強くしていく。

現在、保有プレス機30台以上、ラミネート機10台以上。少量試作や大量生産についても短納期である。多品種少量において月産100種類かつ100万枚に対応する生産管理体制を確立、また大量生産としては多面取りの抜き打ちに挑戦し、1ショット数百個の生産をすることで、月産1億個以上の対応実績がある。これはロールフィルムからの連続プレス加工を自社内製で確立したことで実現できた数字だ。

品質要求が高まる中、1989年からクリーンルームを導入した。現在では作業場全棟をクリーンルーム化し、材料受け入れ後、包装までを一貫してクリーンルーム内(クラス10,000~100,000)にて対応している。 さらには時代の潮流に合わせ、今まで得意としてきた電子部品以外の分野にも進出しようと、展示会出展やWEBでの営業にも注力している。新たな業界からの新たな要望にお応えすることで、開発を重ね技術を育て、次の世代に繋げていく。

株式会社 松本製作所

工場情報はこちら

新規会員登録

【PR】今月のオススメ情報