エミダスニュース

くり返す肌トラブルを抱える“習慣性敏感肌”のために“皮ふを培養する”発想で生まれたスキンケア『MediQOL(メディコル)』誕生

2018-05-15

@Press

株式会社ナノエッグ(本社:東京都港区/代表取締役社長 山口葉子)は、くり返す肌トラブルを抱える“習慣性敏感肌”向けの新スキンケアブランド『MediQOL(メディコル)』(3品目4種類)を、2018年6月4日(月)に新発売します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/156410/img_156410_1.jpg

当社は、創業より現在に至るまで、「アトピー性皮膚炎」の発症機序の解明と治癒を目指した治療法の創出に取り組んでおり、その過程で肌トラブルそのものについて研究を重ねてきました。



健やかな皮膚であるためには、皮膚を守る「皮脂膜」と「細胞間脂質(ラメラ)」、そして活発な細胞であるための「水」が重要です。しかしながら、バリアが低下してトラブルをくり返しがちな肌にはそれら全体が失われていることに着目。その肌タイプを“習慣性敏感肌”と定義づけました。



「“習慣性敏感肌”に、皮膚に通常あるはずの成分を与えることで健やかな肌状態へ導きたい」。その発想のもと、本来皮膚には含まれないアルコール・香料・着色料・防腐剤・鉱物油・界面活性剤※を使わず、限りなくヒトの組成に近づけた皮膚構成成分によって、『MediQOL』が誕生しました。



『MediQOL』は、「ウォッシングパウダー(洗顔パウダー)」、「スキンウォーター(補充水)」、「スキンリピッド1・2(補湿クリーム)」の3ステップケアをご提案します。“習慣性敏感肌”のレベルは人それぞれのため、ご自身でバリアと皮脂量レベルをチェックできる「スキンチェッカー」もご用意。「スキンリピッド」のタイプ1・2を選ぶ指標としてお使いいただける他、日々のスキンケアの見直しや、現在の肌の状態をチェック出来ます。



本製品は6月4日(月)より、当社オンラインショップ(www.nanoegg.jp)にて販売開始となります。



『MediQOL』は、ナノエッグならではの「医・療 =“Medi-Care”」の発想で、敏感肌に悩む方の「生活の質=“QOL”(Quality Of Life)」を高めていきたいと考えています。



■ 【『MediQOL』ベーシックスキンケアラインアップ】

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/156410/img_156410_2.jpg



ウォッシングパウダー(洗顔パウダー)

皮脂類似成分で洗うから、低刺激性で肌にやさしい

ヒトの皮脂と類似する組成の成分を主成分とした、ふんわりとやわらかなパウダータイプの洗顔料です。肌トラブルの原因となる汚れや酸化物質を清潔に取り去りながら、肌表面に瞬時に保護皮脂膜を形成し、キメなめらかな肌に洗い上げます。

50g 通常価格 2,484円(税込) 約1ヶ月分(朝・晩使用)

<ご使用方法>

容器を傾けると1回分の量を振り出せます。パウダーを手のひら、または湿らせた泡立てネットに取り、こんもりするまで泡立ててから、その泡で包み込むように洗顔してください。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/156410/img_156410_3.jpg



スキンウォーター 35/54(補充水)

肌の水分と類似組成だから、角質層のすみずみまで補充する

細胞の周りの水分に重要な「アミノ酸・ビタミン・無機質・補酵素・糖」の5項目に該当するすべての成分を配合し、肌の水分と類似する組成にした 補充水です。独特な香りは、15種類のアミノ酸に由来しています。シートから切り離して1回分ずつフレッシュに使用することができ、べたつかずしっとりとした使い心地で角質層のすみずみまでしみこみます。

2mL×30本 通常価格 3,456円(税込) 約15日分(朝・晩使用)

<ご使用方法>

シートから1本(1回分)を切り離し、頭の部分をグルっと回して開けてください。手のひらに取って、洗顔後の顔全体にやさしくなじませてください。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/156410/img_156410_4.jpg



スキンリピッド15/33 1・2(補湿クリーム)

肌のバリアを担う皮脂と細胞間脂質を補う

肌のバリア機能の中心を担っている皮脂と細胞間脂質(ラメラ)を補って、肌をしっとりとなめらかにするクリームです。スキンリピッド1に比べて、スキンリピッド2には細胞間脂質(ラメラ)をより多く配合。ご自身の敏感肌のタイプや状態に応じて選べます。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/156410/img_156410_5.jpg



1:季節や体調等の変化によって肌トラブルを引き起こしがちな敏感肌向け

2:頻繁に肌トラブルを引き起こし、バリアが弱まった敏感肌向け

※写真上が<スキンリピッド1>下が<スキンリピッド2>

1 30g 通常価格 5,292円(税込) 約1ヶ月分(朝・晩使用)

2 30g 通常価格 5,832円(税込) 約1ヶ月分(朝・晩使用)

<ご使用方法>

洗顔後、補充水またはお手持ちの化粧水で肌を整えてから、適量(パール粒大)を手に取ります。指先や手のひらで柔らかくしてから、顔全体にやさしくなじませてください。



■ 【『MediQOL』スキンチェッカー】

『MediQOL』は、“習慣性敏感肌”でお悩みの方のための「チェックキット」をご用意しています。

簡単なアンケートと「スキンチェッカー」でご自身の肌の状態を把握し、毎日のスキンケアの方法を見直したり、ふさわしいアイテムを選ぶことができます。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/156410/img_156410_6.jpg



スキンチェッカー1(皮脂)

皮脂量を測り、肌の状態を知ることができます。



画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/156410/img_156410_7.jpg



スキンチェッカー2(バリア)

皮膚からの水分蒸散量を調べて、肌のバリアレベルを測定できます。





■ 【『MediQOL』トライアルセット】

『MediQOL』では、“習慣性敏感肌”でお悩みの方のために6日間お試しいただけるトライアルセットを用意しています。

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/156410/img_156410_8.jpg

<トライアルセット詳細>

・ウォッシングパウダー 7g

・スキンウォーター 35/54 2ml×12本

・スキンリピッド 15/33 1 6g

・スキンリピッド 15/33 2 6g

通常価格 3,996円(税込)



画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/156410/img_156410_9.jpg

<専用ポーチ入り>



■ 【『MediQOL』ブランド名・マークについて】

『MediQOL』のブランド名の由来は、QOL[Quality Of Life(生活の質)]。肌トラブルをくり返しがちな“習慣性敏感肌”の方に「もっと上を向いて、笑顔で毎日の生活を楽しんでほしい」という願いを込めて『MediQOL』と名付けました。

『MediQOL』は皮膚を構成する成分を主成分とし、本来皮膚の中に存在しないアルコール・香料・着色料・防腐剤・鉱物油・界面活性剤※を使わずに、ヒトに限りなく近い成分のみで形成した必要なものだけを的確に満たす、シンプルなスキンケアシリーズです。

スキンウォーターには[35/54]のように数値が記されています。この数字は肌が健やかであるために必要な水分に含まれる栄養素の総成分数が54種類ある中で、化粧品に使えない成分などを 抜いた35成分を全て配合したという意味が込められています。

同様にスキンリピッドは[15/33]と記されていますが、肌の天然バリアである細胞間脂質(ラメラ)と皮脂膜が33種類で構成され、このうち現在配合可能な成分である15種類を配合したという意味が込められています。

画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/156410/img_156410_10.jpg

「6種」の成分を無添加とすることを約束する『MediQOL』のポリシーを象徴するマークです。

・アルコール

・香料

・着色料

・防腐剤

・鉱物油

・界面活性剤※を一切配合しておりません

画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/156410/img_156410_11.jpg



ウォッシングパウダーとスキンウォーターに記載されているこの目盛りは、肌からの水分の蒸発量を表しています。













画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/156410/img_156410_12.jpg



スキンリピッドに記載されているこの目盛りは、肌表面の油分量を表現しています。







※ウォッシングパウダーは合成界面活性剤不使用



■ 【株式会社ナノエッグとは】

「すべては、皮膚科学から」

株式会社ナノエッグは、聖マリアンナ医科大学における研究プロジェクトから、2006年に独立して創業しました。有用性が高く副作用の少ない薬剤を必要なところで効率よく作用させる技術『DDS〔ドラッグデリバリーシステム〕』に焦点をおき、皮膚科学領域での研究開発を推進しています。

アトピーの予防と完治を目的とした新たな治療法や、肌に塗る・貼るだけのワクチンの開発、加齢に伴う網膜疾患の点眼治療法などを構想し、「皮膚科学研究から医療のブレークスルーを起こすこと」、そして「注射針を使わない医療」の実現を目指してきました。

また、当社独自の研究技術を応用した医薬部外品や化粧品を開発・販売するほか、一人ひとりが安心・納得してスキンケアが続けられるように、新たな研究開発にも取り組んでいます。

ナノエッグが発想し、創造するもの「すべては、皮膚科学から」。私たちは皮膚科学研究を起点に、皆さまの健康と美を進化させることを使命として、これからも邁進してゆきます。

■社名:株式会社ナノエッグ

■代表者:代表取締役社長 山口葉子

■本社所在地:東京都港区赤坂7-1-15 アトム青山タワー5階

■研究所所在地:[先端医薬・ヘルスケア研究所]

神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-14 ナノ医療イノベーションセンター4F

■設立:2006年4月

■事業内容:医薬品、医薬部外品、化粧品、基剤等の開発ならびにそれらの製造と販売

■コーポレートサイト:http://www.nanoegg.co.jp



【製品に関する一般の方からのお問合せ先】

専用ダイヤル: 0570-055-710





掲載日:2018-05-15T12:00:00+0900



@Press

新規会員登録