エミダスニュース

「がんばろう ふくしま!」応援企業として、ショーワグローブ株式会社は第69回全国植樹祭に協賛いたしました。

2018-06-13

ValuePress


家庭用・産業用手袋の専業メーカーとして、60年以上にわたり常に独創的で高品質な手袋を開発し続けているショーワグローブ株式会社(本社:兵庫県姫路市、代表取締役社長:近藤修司)は、「がんばろう ふくしま!」応援企業として、2018年6月10日に開催された「第69回全国植樹祭ふくしま2018」に協賛いたしました。

▼ショーワグローブ株式会社|公式HP:http://www.showaglove.co.jp


■「がんばろう ふくしま!」応援企業として第69回全国植樹祭を応援

「全国植樹祭」は、森林伐採により戦後荒廃した国土の復興をめざして1950年から毎年全国各地で執り行われており、2018年は福島県で6月10日に開催されました。福島県での開催は1970年の第21回大会以来、2回目です。

ショーワグローブ株式会社は2011年の東日本大震災の際には、防衛省・経済産業省・日本グローブ工業会・地方公共団体を通じて、福島県をはじめとした被災地へ、救援物資として手袋を提供いたしました。また、兵庫県姫路市役所を通じ、被災地支援のために日本赤十字社に義援金を寄付しています。これらの活動により、当社は福島県から「がんばろう ふくしま!」応援企業の委嘱を受けており、第69回全国植樹祭ふくしま2018にも協賛として手袋を提供いたしました。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MzY5NyMyMDMwNDkjNTM2OTdfbFNOdnZYSkdreC5qcGc.jpg ]


■手袋を通じ、世界の人たちに安心と安全をお届けすることで社会に貢献する

ショーワグローブ株式会社は家庭用手袋や、さまざまな現場で使用される作業用・産業用手袋の専業メーカーです。「手袋を通じ、世界の人たちに安心と安全をお届けすることで社会に貢献する」を企業理念として掲げ、高い機能と品質の製品を世界中のユーザーの方にお届けしてまいりました。その理念のもと、製品の開発・製造・販売だけでなく、災害時の支援活動やスポーツ事業の協賛を通じた社会貢献活動も継続して行っております。

今後も当社は「福島県の応援団」の一員として、福島県のさらなる復旧・復興に貢献することを目指し、引き続き復興支援に取り組んでまいります。



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ


掲載日:2018-06-13 12:00:00 / 最終更新日:2018-06-13 12:06:01



ValuePress

新規会員登録