技術・製品情報

自社の得意な技術や、他社にはまねできない特異な技術を紹介するコーナーです。

1-10件表示 / 1674

アルミ合金を超精密NC旋盤加工にて鏡面加工、面粗度0.6S・ミクロン公差での対応

写真のパーツは、放送局向けのVTRドラム部品です。我が社では、CNC超精密旋盤による切削加工で外径の鏡面仕上げを行っております。鏡のようにテカテカになります。また、写真のパーツの外径は、テープが回り絡まないようにするため1ミクロンのテーパーが付いており、面粗度は旋盤加工で0.6Sまで対応可能です。我が社の技術を御社にて是非ご活用下さい。 福島県郡山市の郡山工場にて社員募集していますのでホームページご覧ください。

株式会社 オザキ (日本 東京都)

ダイカスト,ADC12,ロボット部品

【特徴】 ・ADC12材料を使用したアルミダイカスト製品 ・ロボット部品 【寸法】 縦288mm × 横200mm × 高さ170mm 【重量】 4.8kg 【使用鋳造機】 ダイカストマシン(型締力800ton) 【課題を解決します】 複雑な形状や強度、耐久性を必要とする製品、軽量化を進めたい等、 お客様が抱えている課題をお申し付けください。鋳物知識の豊富な営業担当者が、アルミ鋳物の製品実現に向けて設計段階より、お客様に課題解決の技術提案を行います。 【お問い合わせはこちらまで】 光軽金属工業株式会社 岡山県岡山市東区瀬戸町江尻1050 営業担当:難波 克昌 TEL:086-952-2121 FAX:086-952-4120 E-mail:k-nannba@hikari-light-metals.co.jp

光軽金属工業 株式会社 (日本 岡山県)

金型鋳造とは

【金型鋳造法】 金型鋳造法とは、鋳鉄や耐熱合金鋼でつくられた鋳型で成型する鋳造方法です。アルミ溶湯を高圧・高速で注入するダイカスト法とは異なり、溶湯のみの重力で鋳造するため金型重力鋳造法とも呼ばれます。 当社の金型鋳造法では以下のような技術を提供いたします。 1. 耐圧と強度に優れた金型鋳造法 金型鋳造法は砂型鋳造法に比べ、凝固時の冷却スピードが速く内部組織が緻密になる為、工作機械やエアブレーキなどの耐圧性を必要とする製品や、自動車のボディや建設機械などの強度、高靱性を必要とする製品などの製造に向いています。 2. 中子の使用で自由度の高い鋳物の製造 砂型鋳造法と同様、シェル中子を使用することで製品を一体化することができ、部品点数や組立工数の削減によりコストダウンの実現が可能です。 3. 多材質生産で必要な材質・数量に対応 当社の金型鋳造法では、溶解量280kg~450kgの複数のるつぼを用いて生産が可能です。また、鋳造機は汎用設備でレイアウト変更も容易にでき、お客様のニーズに合わせて必要な材質や数量での対応が可能です。 【課題を解決します】 複雑な形状や強度、耐久性を必要とする製品、軽量化を進めたい等、お客様が抱えている課題をお申し付けください。鋳物知識の豊富な営業担当者が、アルミ鋳物の製品実現に向けて設計段階より、お客様に課題解決の技術提案を行います。 【お問い合わせはこちらまで】 光軽金属工業株式会社 岡山県岡山市東区瀬戸町江尻1050 営業担当:難波 克昌 TEL:086-952-2121 FAX:086-952-4120 E-mail:k-nannba@hikari-light-metals.co.jp

光軽金属工業 株式会社 (日本 岡山県)

ダイカスト鋳造,ADC6,船外機,オイルパン

【特徴】 ・耐食性に優れるADC6系の材料を使用したアルミダイカスト製品 ・船外機用オイルパン 【寸法】 縦176mm × 横175mm × 高さ175mm 【重量】 1.1kg 【使用鋳造機】 ダイカストマシン(型締力650ton) 【課題を解決します】 複雑な形状や強度、耐久性を必要とする製品、軽量化を進めたい等、お客様が抱えている課題をお申し付けください。鋳物知識の豊富な営業担当者が、アルミ鋳物の製品実現に向けて設計段階より、お客様に課題解決の技術提案を行います。 【お問い合わせはこちらまで】 光軽金属工業株式会社 岡山県岡山市東区瀬戸町江尻1050 営業担当:難波 克昌 TEL:086-952-2121 FAX:086-952-4120 E-mail:k-nannba@hikari-light-metals.co.jp

光軽金属工業 株式会社 (日本 岡山県)

金型鋳造,AC4B,大型トラック用エアブレーキ部品

【特徴】 ・鋳造性に優れるAC4B材料を使用した金型鋳造製品 ・大型トラック用エアブレーキ部品 【寸法】 縦237mm × 横221mm × 高さ106mm 【重量】 1.6kg 【使用鋳造機】 傾斜鋳造機 【課題を解決します】 複雑な形状や強度、耐久性を必要とする製品、軽量化を進めたい等、お客様が抱えている課題をお申し付けください。鋳物知識の豊富な営業担当者が、アルミ鋳物の製品実現に向けて設計段階より、お客様に課題解決の技術提案を行います。 【お問い合わせはこちらまで】 光軽金属工業株式会社 岡山県岡山市東区瀬戸町江尻1050 営業担当:難波 克昌 TEL:086-952-2121 FAX:086-952-4120 E-mail:k-nannba@hikari-light-metals.co.jp

光軽金属工業 株式会社 (日本 岡山県)

射出成形 樹脂材料 例) PA66 (GF65%)、PPS(GF40~55%)、PP(GF含有)、ABS(GF含有)、PBT(GF含有)

①PA66(ナイロン66)(GF65%)  主な特徴: 衝撃性・耐薬性・耐磨耗性 ②PPS(GF40~55%)  主な特徴: 超耐熱性・耐薬性・寸法安定性  ※ その他、靭性に優れたPPS(エラストマー)にも対応 ③PP(GF含有) ④ABS(GF含有) ⑤PBT(GF含有) 熱可塑性樹脂  汎用プラスチック   ABS    ASA・AES   PS(ポリスチレン)    HIPS    GPPS   PP(ポロプロピエン)    PP(シリコン + 抗菌剤含有)   PE(ポリエチレン)   PMMA(アクリル)   AS(アクリロニトリル・スチレン)  エンプラ   PBT   SPS   PA6・PA66   POM(ポリアセタール)   PC(ポリカーボネート)   PPE    m-PPE樹脂(変性ポリフェニレンエーテル)   PMMA   PET  スーパーエンプラ   PPS   PEEK  その他の樹脂   熱可塑性エラストマー TPE    ゴムと樹脂の特徴を併せ持った機能性樹脂材料   TPX   フェライト系プラスチックマグネット 熱硬化性樹脂   PUR(ポリウレタン)    硬質ポリウレタン

多田プラスチック工業 株式会社 (日本 大阪府)

合成ゴム ハーフカット加工品

合成ゴム ハーフカット加工品 材料 合成ゴム(NR・CR・NBR・EPDM・FKMなど) 用途 脚ゴム、緩衝材など 加工方法 両面テープ加工機、連続プレスによる打ち抜き 説明 加工したいゴム素材に両面テープシートを貼り合わせます。     通常の打ち抜きは全抜き(フルカット)と呼ばれ、台紙が残らずに     形だけが作られますが、ハーフカットは剥離紙を寸止めで残す加工     です。シートの上に両面テープ付きの形が乗っているように出来ます。     使用の際も小さなものを1つづつ拾って剥がすのと、シートから拾って     いくのでは作業効率が段違いに良くなります。落としてもバラける     ようなこともありません。また、数も数えやすくなります。          ウレタンフォーム(モルトプレン・カラーフォーム)、ポリエチレンフォーム     (P・E-ライト、サンペルカ)、ゴムスポンジを代表的な材料として扱って     おります。紙でも加工可能です。     ホームページでもスポンジ(発泡体)、ゴム、プラスチックの詳しいご説明     をご覧いただけますので、ぜひお越しください。 株式会社 フジカ工業 〒334-0013 埼玉県川口市南鳩ヶ谷7丁目6-9 TEL 048-283-2251 FAX 048-285-2722 E-mail info@fujika-kogyo.co.jp URL http://www.fujika-kogyo.co.jp/

株式会社 フジカ工業 (日本 埼玉県)

P・E-ライト A-8(黒) 10t プレス 打ち抜き(ビク抜き)加工品

P・E-ライト A-8(黒) 10t プレス 打ち抜き(ビク抜き)加工品 材料 P・E-ライト A-8(黒) 10t 用途 緩衝材など 加工方法 プレスによる打ち抜き 説明 ポリエチレン発泡体を抜き型(ビク型)にセットし、プレスすることで     任意のアイテムの形を作ります。個別のアイテムから型を取ることも     可能です。ただしプレスの場合、1度押し潰れますので外壁部分に応力     がかかり、特に厚い素材は反りが出てしまいます。     まとまった数があると金型を作り加工しますが、少量の場合はウォー     タージェット加工のほうがコストを抑えられますし、外壁部分の反りが     出ず垂直になります。     A-8はポリエチレンの15倍発泡品で色も多く取り揃えております。     独立気泡のため液体を通しません。     ホームページでもスポンジ(発泡体)、ゴム、プラスチックの詳しいご説明     をご覧いただけますので、ぜひお越しください。 株式会社 フジカ工業 〒334-0013 埼玉県川口市南鳩ヶ谷7丁目6-9 TEL 048-283-2251 FAX 048-285-2722 E-mail info@fujika-kogyo.co.jp URL http://www.fujika-kogyo.co.jp/

株式会社 フジカ工業 (日本 埼玉県)

ダイカスト鋳造,ADC3,ジェットスキー,アンダーカバー

【特徴】  ・耐食性に優れるADC3の材料を使用したアルミダイカスト製品  ・ジェットスキー用アンダーカバー(海水の環境下で使用) 【寸法】  縦429mm × 横446mm × 高さ109mm 【重量】  3.9kg 【使用鋳造機】  ダイカストマシン(型締力800ton) 【課題を解決します】  複雑な形状や強度、耐久性を必要とする製品、軽量化を進めたい等、  お客様が抱えている課題をお申し付けください。  鋳物知識の豊富な営業担当者が、アルミ鋳物の製品実現に向けて  設計段階より、お客様に課題解決の技術提案を行います。 【お問い合わせはこちらまで】  光軽金属工業株式会社  岡山県岡山市東区瀬戸町江尻1050  営業担当:難波 克昌  TEL:086-952-2121 FAX:086-952-4120  E-mail:k-nannba@hikari-light-metals.co.jp

光軽金属工業 株式会社 (日本 岡山県)

カムシャフト② 高周波 焼入れ リヒート 設備 低歪み 偏心 コイル追従 自動車部品 IH 熱処理

【オーダー設備】  自動車部品の「カムシャフト」の 高周波焼入れ・リヒート設備、 内部の写真です。 富士電子工業のカムシャフト焼入れ機は、加熱後に 冷却ジャケット内で均一に空中噴射冷却を行います。 この方法を採用することにより、 歪みが少なく、均一な硬化層の形成を実現しています。 富士電子工業ではオリジナル設備のほか、受託加工や試作も賜ります。 お問い合わせは、富士電子工業営業部まで。 TEL:072-991-1361

富士電子工業 株式会社 (日本 大阪府)

1-10件表示 / 1674

新規会員登録

【PR】今月のオススメ情報