技術・製品情報

自社の得意な技術や、他社にはまねできない特異な技術を紹介するコーナーです。

1-10件表示 / 15

【ナイロン注型工法】6ナイロン(GF/CFプラス)熱可塑性真空注型システム

【ナイロン注型工法GFプラス】 金属からプラスチックへ軽量化時代のニーズを汲む新工法! ドイツ SLM solutionsグループ社との技術提携により確立したナイロン注型システムは、プラメリーデザインならではのオリジナリティーあふれる画期的な試作向け特殊工法です。 ナイロン真空注型は多大なコストと納期がかかる金型の製作なしで、熱可塑性樹脂6ナイロン製品を生み出すシステムです。 GF(ガラスフィラー)とCF(カーボンフィラー)は、物性評価試験により配合分量をご指定できます。 ナイロン注型PA6ナイロンの材料は、フィラーを混入させなくても優れた特性を持つ物性値を保持しています。材料PA3000は衝撃強度/耐熱性を維持し、PA1000はPPに似た靭性の特性を必要とする製品に選ばれます。 【ナイロン注型】 最大製品寸法サイズ 800×750×350(mm)

株式会社 プラメリーデザイン (日本 千葉県)

メッシュ加工

メッシュ加工サンプル  サイズ:150×80mm  材 質:ガラスエポキシ(FR-4)  板 厚:0.18mm  穴 数:85,989穴  壁残り:0.095mm

日邦工業 株式会社 (日本 東京都)

低発泡エポキシ樹脂 製品 製作。各用途別、発泡エポキシ樹脂。

低発泡エポキシ樹脂を配合、開発して熱硬化性樹脂で製品をより軽量化・高強度化して製品化しています。まだまだ開発途中ではありますが、発泡倍率も任意で選べるよう1.2~4倍ほどでかなり強靭で、成形温度も25~60℃ほどで成形可能な、発泡エポキシ樹脂を配合して製品製作します。 画像の白い光沢のある板は4倍発泡のエポキシ樹脂で製作した25mm厚の断熱ボードですが、発泡ウレタンのボードとは曲げ強度などが全く異なり、人(60㎏)が乗っても全く割れません。 ご興味ありましたら、メールでのお問い合わせをお待ちしております。

株式会社ポンド (日本 大分県)

CFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastics)炭素繊維強化プラスチックウォータージェットー加工

CFRP 10mm×185mm×35mm CarbonFiberReinforcedPlastics、ウォータージェット弊社ロゴ加工品。 熱硬化性樹脂を含浸させた炭素繊維(カーボンファイバー)強化樹脂板。 高い強度を持ち軽量であるという特性で、自動車や航空機等、高いエネルギー効率を求める輸送分野の製品に適していますが、近年耐震補強への炭素繊維複合材の建築分野での導入も検討されています。 炭素繊維強化プラスチックは切削性が非常に悪く、工具の摩耗、層間剥離等様々な課題がありますが、横山機工(大阪府大阪市福島区)独自技術リデュースピアス等によって、通常高圧ピアッシングでは欠けやひび割れが生じやすい素材をリデュースピアスで容易にピアッシングが可能なり、時間と材料が節減でき、ワークピースに層間剥離、デラミを生じさせることなく、構造的な整合性を維持可能です。 軽量・高強度素材である炭素繊維(カーボンファイバー)強化プラスチック(CFRP)や炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(CFRTP)、ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)等の積層材、大理石、その他の石材、ガラス等の切断に最適です。

横山機工 株式会社 (日本 大阪府)

ふっ素樹脂粘着テープ AGF-100FR (テフロン PTFE製)

ふっ素樹脂フィルムを基材とし、片面にシリコーン系粘着剤を塗布した粘着テープです。色は、清潔感のある乳白色です。PEコア品や剥離紙付きタイプもあります。

中興化成工業株式会社 (日本 東京都)

アクリル 試作加工 流路試験

非金属素材にも対応いたしています。 アクリルやMCナイロン、その他樹脂など多数の加工実績があります。

曙工業株式会社 (日本 愛知県)

熱可塑CFRP切削加工 部品の軽量化(アルミの1/2) リサイクル可能

熱可塑CFRP材料を切削加工した機能部品です。 【軽量、高強度材料】  ・密度:1.22g/cm3(アルミ比1/2、鉄比1/6)  ・曲げ強度:295Mpa(アルミ比1.5倍、鉄同等)  ・引張り強度:195Mpa(アルミ同等)   ※代表的な物性 【メリット】  ・航空機や競技車両などで使用される熱硬化CFRPより低コスト  ・板材から切削加工が可能(連続加工が可能)  ・リサイクルが可能 まずはお問い合わせを!! E-mail: toiawase@kk-inac.com Tel: 0564-27-1855

株式会社 イナック (日本 愛知県)

内部可視化 ディスクブレーキキャリパー

透明アクリル樹脂の切削透明加工技術を用いた内部可視化モデルです。 【見えない内部をみせる!】  ・見えない内部を見せる内部可視化モデルでPR    ・見えない内部を見える化し空想を現実で判断出来る      ・見えない内部を見える化し流体解析・機構動作確認などが可能 【アクリル磨き透明品との違いとメリット】 ・従来、アクリル透明樹脂を切削加工した場合は白く濁ってしまい、ペーパーやコンパウンドを使用して手作業で時間を掛けて研磨を行ない、透明に仕上げることが通例です。この場合、職人的な経験豊富な作業者が行っても微小なりとも発生してしまいます。 このダレは、機能的に使用される部品においては致命的な欠陥となる場合があります。 当社では、手仕上げによるペーパー研磨などを排除し、機械設備による切削加工のみで透明にすることが可能です。そのため、ダレ発生がなく機械加工精度を保ったままの状態で完成品とすることが出来ます。 意匠重視などデザインモデルにもシャープなエッジが再現出来るため、デザイン検討用にも最適です。 【高精度で透明品】  ・機能部品を内部可視化し、実際に組込みが行えます。  ・シャープなエッジが再現出来ますのでデザイン検討に最適です。 【その他応用】  ・展示会の説明用サンプル  ・教育用モデル まずはお問い合わせを!! E-mail: toiawase@kk-inac.com Tel: 0564-27-1855

株式会社 イナック (日本 愛知県)

自動車部品(パワートレイン関連) 自動インサート成形(射出成形 + ナット) リアクトル部品 ハウジング(筐体)

①ナットをインサート成形 ②横型成形機でロボット自動インサートによる寸法安定化 ③スーパーエンプラ(PPS GF+MD)40 ~ 55に対応 ④用途 パワートレイン関連(PCU)部品   車載リアクトル部品ハウジング ⑤金属代替(アルミ)による軽量化

多田プラスチック工業 株式会社 (日本 大阪府)

自動車部品 自動インサート成形 パワートレイン関連部品 パワーコントロールユニット(PCU)

自動インサートによる車載部品 射出成形 パワートレイン関連部品 パワーコントロールユニット(PCU) ①コンデンサー部品ハウジング ②リアクトル部品ハウジング

多田プラスチック工業 株式会社 (日本 大阪府)

1-10件表示 / 15

新規会員登録

【PR】今月のオススメ情報