新開発技術

キーワード :   

※スペースで区切ると、複数のキーワードによる検索ができます。

導入メリット

技術区分

1-10件表示 / 358

工法転換   量産性向上   品質向上   めっき  

滑り性が求められる場合に、ブラストで凹凸を形成することが良く用いられています。しかし、滑らせる対象物が油や水分を有する場合では、凹凸にそれらが濡れ広がることで付着することがありました。そのため、水に濡...

高機能化   軽量化   量産性向上   プラスチック成形加工  

CFRTP=熱可塑性CFRP 軽量・高強度素材である炭素繊維強化プラスチック(CFRP)において。炭素繊維を包む母材樹脂を従来の熱硬化樹脂を従来の熱硬化樹脂(熱を加えると硬化して元に戻らなくなる...

ランニングコスト削減   高機能化   品質向上   めっき  

弊社が保有する離型性や潤滑性を付与する表面処理技術は、めっきなどの表面処理の上にフッ素樹脂コーティングを施していたため、めっき漕および熱処理炉のサイズが処理可能サイズとなっていました。そのため、大型部...

量産性向上   品質向上   金型   プラスチック成形加工  

圧倒的な排気力で生産アップ

量産性向上   品質向上   金型   プラスチック成形加工  

圧倒的な排気力で生産アップ

ランニングコスト削減   品質向上   鋳造   熱処理  

精密の鋳物作る

コストダウン  

新素材開発   高機能化   軽量化   薄肉化  

市場に出回らない薄さの領域を2018年5月から開発中。購入素材の影響で幅が80mmとなりますが、厚さは20μmまで試作完了。5μmは目指しています。

高機能化   品質向上  

高精度な品質保証

コストダウン   ランニングコスト削減   工法転換   軽量化  

樹脂製モックアップ製作へ活用。カットモデルを樹脂で製作し軽量化を図る目的で、リアルなチタン焼け具合を樹脂への加飾で再現をした。金属調の意匠を樹脂製でも製作出来ることで大幅な軽量化とコスト削減が可能。

1-10件表示 / 358

新規会員登録